中小都市における適切な交通政策を考える〜「エコモビリティ」に関するセミナーのご案内


  これまで「交通政策」というと、渋滞や大気汚染など、主に大都市を対象にした課題であると考えられ、こうした現象があまり見られない中小規模の自治体では、深刻に捉えられてきませんでした。しかし、地球温暖化対策が急務になるにつれ、自動車依存度の高い中小規模の自治体での交通対策が問題として浮上しています。
  その一方で、中小規模の自治体では、もともと公共交通のサービスレベルが低い上に、住民が分散して居住しているために、交通弱者(移動制約者)のモビリティの確保が深刻な問題となっており、環境まで手が回らないという実態もあると思います。このように、矛盾したニーズに対して、限られた予算・人員の中で、どのように交通政策を企画し、実施すべきか、悩んでいる方も少なくないと思われます。
  そこで環境自治体会議では、交通エコロジー・モビリティ財団と協力して、「エコモビリティ実現のためのワーキンググループ」を構成し、自治体向けの交通政策の手引書を作成しています。10月下旬(後日ご案内します。)に、中間報告を行うとともに、実際に手引書を利用する自治体の方々のご意見も反映するために、セミナーを開催する予定ですので、ぜひご参加下さい。
  なお、これと直接関係ありませんが、中小規模の自治体も含めた交通政策に関する事例集を下記に紹介します。
 
 ・TDMデータベース http://218.224.224.229/tdm/servlet/TDM
 ・広域的な公共交通利用転換に関する実証実験
      http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/kouiki/H15nintei_.html
 ・交通不便者のシビルミニマム確保のためのデマンド交通システムのモデル実験事業
      http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/jouhouka/demand-koutuu-system/index.html
 ・自動車交通局バス等再生事例集
      http://www.mlit.go.jp/jidosha/topics/bus_saisei/bus.html
 ・関東運輸局生活交通確保のための先駆的取組み
      http://www.ktt.mlit.go.jp/jidou_koutu/senkujirei_02.htm
 ・近畿運輸局コミュニティバス導入ガイド http://www.kkt.mlit.go.jp/koutsu/bus/cbus.pdf